クイックな時代到来なのですね

シェアリングにとても俗受けが出ており、諸般のから共有へ変化しているのは間違いないです。成丁の車体離れインフレ格差が叫ばれる掌中、こちらも大標題ではないかと最近良くお察しいたしますのです。

地方でフェラーリなどの高級車体なんぞ見たこともありません(笑)格差が広がってますね~(笑)そのうち自動運転ともなれば、許可証すらいらなくなるエージもくるかもしれません。車輪が売れない。

東京に高級車輪やそこそこ摩天車両が集権し、地方には軽自動車がいっぱいです。車輪のイベントはまだまだ各地で開催されているのですが、極微頃憧れていた、”花環”というものは、実際射的に購入し保全をするのに、とてもお金がかかるし、じゃぁ別に不可欠な節回しだけ使えばいいじゃない。

もちろん、燃費の不正試問やらなんやらというのも明確に題目はあるのかもしれないのですが、それより右上に、車両に興感を示さないどなた与に謀るが増えています。といった気味です。

悲劇はなしですが、実在ですね。AIというのもこの度からの活躍によってトラクター業界の人員整理は必然かも知れませんが、ディーラーにいる営業マンも、こんなにたくさん要用ない気もします。

現在も車輪のTVCMはバンバン流れていますが、消費人間金融のカードCMが露骨に減ってなくなっていったように、車輪のCMがTVで流れなくなった月日、、、あ~、いよいよ車両もやばいなと思ったほうがいいかもしれませんね(笑)小ぢんまり頃に、あの車輪に乗りたい、成年になったら否応なしコレが欲すると思ったちびっこも姥桜になってから有りのままを会得と、その実情と現在の状況に打ちひしがれる連が過多のでしょうか。オペレーターも、ある程度の自動プログラムで恐らくは一般狙いなクレームや呼応はこなせるでしょう。

デフレ格差が広がり、ますます車輪になんか捩る資金がなくなれば、自ずとレンタカーやシェアリングを使用のは非理もない。数字にも如実に現れており、この突端さらにあるだけのという概念が共有にかわるのは間違いありませんね。

まだまだ先行きはわかりませんが、現にからシェアリングサービスが広がり、メーカーの月産も少なくなれば、自ずと雇用にも波及されるのは間違いないのではないでしょうか。

もちろん、それにファンタジーの要素が加われば、流行り物のように異世界でも見れるのかも知れませんが、現在のカー事情であれば、それも難しいのかと感じます。

異世界で車を販売するようになったらとてもおもしろいのですが(笑)

都内の車査定完全版!高く売るならココだ!

ドライブの季節到来!カーシェアリング

愛車をこすり凹んでしまったので、たまには他の車でもと考えていると、最近はカーシェアリングの車も増えたな~と思い、思い切って一度利用してみることにしました。

正直な所、他人様の車には抵抗があります。

ぶつけたり、擦ったりしたら、また厄介というのもありますが、なんとなく人の車というのは使い勝手もそうですが、ん~。。。言い表せません。

ただ、出張先などでレンタカーを利用したりと、昔からレンタカーは利用していたので、いやいや同じでしょ?と思えば同じ。

ただ呼び名が、レンタカーとカーシェアリングの違い(笑)

レンタカーもカーシェアリングもシェアしてるので同じ(笑)

だと言える。

ということで、さっそくタイムスにおいてあるカーシェアリングの車を利用しようと、web上での登録やらなんたらやらを済まし、近くに幸いカーシェアリング用の車がおいてあるので、早速利用してみることにした。

1台だけシェアリングの車が停車中、いや誰も使用していないようだったので、さっそく。

車はマツダのデミオでした(笑)

しかし、シェアリングの駐車スペースにこちらの駐車場には5台が利用可能車のところ、1台しか利用出来ないというのも、利用率の高さを伺える。

やはりもう所有の時代からシェアの時代となっているのだろう。

でもやっぱり自分の車が車庫においてあり、いつでも自分の色に染められる愛車があるのは嬉しい(笑)

世代なのかな~と感慨深いものがありますね(笑)

 

あ、そうそう以外とデミオは良かったです(笑)

都内の車査定ランキング!車の高額査定をするならココだ!

家の駐車場でこすってしまっラ!?

先日、お家の車庫でバックの際に、バックバンパーをすってしまったのです。。。

まったく凹みます。。。

車は凹んでません。

白~クスッた痕が。。。

あちゃちゃ。。。

さて、ここからがどうするか。。

板金。。or タッチペン。

どうしようかな。。。

保険っ!保険を使う!先ずは一度保険屋さんに聞いてみよう。。

やっぱり駄目かな。。。。

ソロソロ乗り換えも検討していたのですが、コレじゃ査定も下がってしまうかな。。。

一度車の査定でもしてみようか。。。

以前売却した際は、小さな傷は気にしませんって!って言っていたような。。。

よしっ!査定してみよう!直すのが面倒くさいから!

都内の車査定ランキング!車の高額査定をするならココだ!【完全版】

事故ゼロ運動を掲げてまい進します

2018年もあっという間に始まり、お仕事ご苦労な毎日が続きます。

去年に引き続きですが、今年もどんな小さな事故でも気をつけて、事故ゼロ運動を掲げていこうと思っています。

もらい事故も嫌なものですが、気をつけて周りに気配りができるドライバーを目指します!

ところで、今年は、更に自動車AIが加速していきそうですが、どの程度まで法整備が進むかも来たいです。

まだまだ空を飛ぶ段階ではないとは思いますが、AIが車を運転してくれて、テレビを見ながら、睡眠を取りながら、遠い目的地につく。。

そんな未来はすぐそこまで来ていそうです。

しかし、運転が好きな人もいるので、色んな意見がありますね(笑)

怖いのはAIの不具合などで事故が起こった場合は、どのようになるのか?

責任の所在はその車の所有者なのか!?

その辺りもとても気になるところです。

AIが勝手に暴走し、車を電柱にぶつけた!

さぁ、どうする!

なんて事になる事もあると思います。

だって機械ですからね。

引き続き車の未来に注目したい2018年です。


都内の車査定ランキング!車の高額査定をするならココだ!【完全版】

事故はイヤですね

久々に愛車にのり、ドライブへ出かけたのですが、薄暗くなりだした夕方の細道で、なんとやってしまった。。。

坂道の曲がり角。。

狭くなりだしたところへ対向車、、、

ヘッドライトも眩しくなり。。。

脇へ寄せすぎて。。。

『ギャリギャリギャリーーーーー!!!』

『ガガガがガガガがーーーーっ!』

お、、、オーマイガー。。。。

ダッシュで降りてみた所。。。

左バンパーが無残にも擦れてワレているではないですか。。。。

対向車ももっとよれたはずだが。。。少しキレ気味に対向車を見たところ、、、

なにもなかったかのように、フツーに走り去っていってしまったではないですか。。。

確かにコレは私のミスかもしれない。。。

確かに。。。

しかし、もっとよってくれればと悔みもします。

愛車に乗るのは仕事も忙しく久々だったのですが、大事に乗ってきて今まで一度も事故を起こしたことすらないのだが。。。。

それは突然やってきた。。。

まぁ幸いなことに、自爆ということで、事なきを得ているのですが。。

それでも悲しいものです。

翌日、ディーラーに持ち込み修理を依頼です。。。

一度傷が付いてしまい、『キズモノ』となると、愛車だったはずなのに、買い替えようかな?

なんて思いもよぎるのですから、人間とは薄情なものですね(笑)

都内の車査定 高く売れる車査定完全版